定期予防接種

Routine immunization

4種混合(DPT-IPV)

対象疾患はジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオです。

 
対象者
40~74歳の世田谷区国民健康保険加入者。
65歳以上の方には生活機能評価があります。
対象疾患はジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオです。
 
対象の方
1期初回:生後3ヶ月から生後90月に至るまでの間にある方で、標準的には生後3月に達した時から生後12月に達するまでの期間に3回接種します。
1期追加:生後3ヶ月から生後90月に至るまでの間にある方で、標準的には1期初回接種(3回)終了後12月に達した時から18月に達するまでの期間に行います。
 
 

3種混合(DPT)

対象疾患はジフテリア、百日せき、破傷風です。

 
対象の方
1期初回:生後3ヶ月から生後90月に至るまでの間にある方で、標準的には生後3月に達した時から生後12月に達するまでの期間に3回接種します。
1期追加:生後3ヶ月から生後90月に至るまでの間にある方で、標準的には1期初回接種(3回)終了後12月に達した時から18月に達するまでの期間に行います。
 
 

2種混合(DT)

11歳以上13歳未満
 
 

病気の概要

ジフテリア
ジフテリアはジフテリア菌の感染によって起こる急性感染症で、咽頭や鼻に侵入し発熱、咳、鼻炎症状などさまざまな症状を引き起こします。また毒素により心筋炎、神経麻痺などの重篤な症状を引き起こし死亡することもある病気です。
 
百日せき
百日せきは百日せき菌の感染により、カタル期と呼ばれるかぜ症状が1~2週間ほど続き、その後連続性の激しい咳が発作性に起こり、静脈圧の亢進により顔面の紅潮、目の周りのむくみ、眼球結膜の出血等が現れることがあります。特に乳児期には無呼吸発作のためチアノーゼ、けいれんを起こすことがあり、脳症を起こし重い後遺症を起こすことがあります。
 
破傷風
破傷風菌は広く土壌に分布しており、ケガややけどから体内に侵入します。侵入した菌は毒素を生産し口の周りや顔の筋肉のけいれんを起こし、やがて激しい筋肉のけいれんとなり死に至ることもある病気です。
いずれも正しく予防接種し、免疫効果をつけることで予防ができる病気です。
 
ポリオ
ポリオは「脊髄性小児麻痺」ともよばれ、日本では1981年以降自然流行がなくなりましたが、世界のいくつかの国では依然流行がみられています。ポリオウイルスに感染した場合、治すための有効な治療はありません。したがって、予防接種のみが有効な対処方法になるため、世界中でポリオが根絶するまで、ポリオに対する免疫を持っておくことが重要です。
 
(予防接種ガイドライン2012年より参照)

 
 

 
対象の方
1期:生後12月から生後24月に至るまでの間にある方
2期:5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間にある方
3期:中学1年生相当の年齢の方 
4期:高校3年生相当の年齢の方
 

病気の概要

麻しん
麻しんウイルスによる全身感染症で、ウイルスは空気感染します。ウイルスに感染すると約10日後に、発熱とかぜのような症状が始まり、2~3日発熱が続いてから、高熱とともに発疹が出現します。発疹は3~4日で色素沈着を残して消えます。重篤な合併症である脳炎の発症は約1000人に2人、亜急性硬化性全脳炎の発症は48000人に1人といわれています。
 
風しん
風しんは、ウイルス感染後2~3週間後に発疹が出現し、発熱、首リンパ節の腫れなどの症状が出現します。予後は一般に良好ですが、血小板減少性紫斑病が3000人、脳炎が6000人に1人見られます。また、妊娠初期に風しんウイルスに感染すると、胎児に感染して先天性風しん症候群が高い確率で発生することが問題になっています。
いずれのウイルスもワクチンによる予防が非常に効果的なウイルスです。
 
(予防接種ガイドライン2012年より参照)

 
 
 

 
対象の方
1期初回:3歳に達した時から4歳に達するまでの期間(2回)
1期追加:4歳に達した時から5歳に達するまでの期間
2期:9歳に達した時から10歳に達するまでの期間
 

病気の概要

日本脳炎はウイルス感染した7~10日後、突然の高熱、頭痛、嘔吐、意識障害・けいれん等の症状が出現するウイルス性の急性脳炎です。後遺症を残す率が高く、現在でも死亡率は20~40%程度と考えられています。感染者100人~1000人に1人が脳炎を発症すると考えられています。最近は年間10人以下程度が西日本地区を中心に発症しています。飼育されているブタが日本脳炎ウイルスを増幅し、ブタからコガタアカイエカを介して人に感染するとされ、東南アジア、東アジアに広く分布し患者が多発しています。
正しく予防接種を受けることで、効果的に予防することができます。
 
(予防接種ガイドライン2012年より参照)

 
 
 

 
定期の予防接種対象者
①65歳以上の方
②60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活が不可能な程度の障害を有する方。
 
任意の予防接種対象者
上記①、②以外の方
 

病気の概要

季節性インフルエンザ
季節性インフルエンザは罹患率が高く、毎年のように流行します。特に高齢者や慢性疾患を抱えている方は肺炎を併発し重症化しやすく、流行年には死亡者が増加することが認められています。また、ごくまれに幼児や小児においてインフルエンザ脳症・脳炎が起きることがあると報告されています。ワクチン接種により血中抗体価が高い場合は肺炎などの合併症を軽減できるとされています。
 
<ワクチンの概要>
国内のワクチンには卵白アルブミンが含まれていますがその量は極めて少なく、鶏卵、鶏肉などにアレルギーの可能性がある方でも多くは安全に接種することができますが、鶏卵の摂取で強いアレルギーの出たことがある方は、事前に医師と相談したほうが良いでしょう。
 
(予防接種ガイドライン2012年より参照)

 
 
 
 

 
平成24年9月より、ポリオの定期接種ワクチンを生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンに一斉に切り替わることになりました。
 
※母子手帳を必ずお持ち下さい。
 
対象の方
生後3ヶ月(3か月の誕生日の前日)~7歳5か月(7歳6ヶ月の誕生日の前日)まで
 
接種回数及び間隔
4回(初回3回 追加1回)
初回 20日以上の間隔で3回
追加 初回接種終了後6ヶ月以上の間隔をおいて1回
*ただし、追加接種については、国内臨床試験を実施中のため、導入当初は、定期接種に含まれていません。
 
使用ワクチン
不活化ポリオワクチン
 
接種費用
定期接種の為、無料
 
備考
生ポリオワクチンを1回接種した方は、不活化ポリオワクチンを3回(初回2回、追加1回)接種してください。
海外等で既に不活化ポリオワクチンを1~3回接種されている方は、不足分の接種を受けることができます。
経口生ポリオワクチンを2回接種した方は、不活化ポリオワクチンの接種の必要はありません。
ご不明な点は当院までお問い合わせください。
 

●ポリオとは?
 ポリオは「脊髄性小児麻痺」ともよばれ、日本では1981年以降自然流行がなくなりましたが、世界のいくつかの国では依然流行がみられています。ポリオウイルスに感染した場合、治すための有効な治療はありません。したがって、予防接種のみが有効な対処方法になるため、世界中でポリオが根絶するまで、ポリオに対する免疫を持っておくことが重要です。
 
●VAPP(ワクチン関連ポリオ麻痺)とは?
 現在日本では経口生ワクチンが使用されていますが、ウィルスの毒性を弱めたものを 使用しているため、ワクチンからポリオに感染してしまうことがあり、これをワクチン関連麻痺(VAPP)といいます。経口接種した生ワクチンは腸のなかで増え、約1ヶ月間、便の中に排泄されるため、家族などへの二次的な感染も報告されています。実際このVAPPの頻度は報告により多少の違いがありますが、日本で届出の対象となった平成18年以降では平成18年度3例、19年度4例、20年度7例となっています(国立感染症研究所の報告より)。また昭和50年から52年生まれのご両親の場合、ポリオに対する免疫が弱いことがわかっているため、二次感染に注意が必要とされています。 

 
 
 
 

 
ワクチンの概要
対象の方は2ヶ月以上~5歳未満の方ですが、2ヶ月~7ヶ月になる前までに接種を開始するのが望ましいとされています。ヒブワクチンと小児肺炎球菌ワクチンは、3種混合ワクチンや今後はポリオワクチンと同時に接種されるお子様が増えています。
現在では世界各国でワクチン接種が開始され、小児のヒブ及び肺炎球菌感染症は激減しています。副反応は注射部位の発赤、腫れ、硬結、痛み、発熱などが現れることがあります。
 

病気の概要

ヒブ(Hib)とはヘモフィリスインフルエンザ菌b型という細菌のことです。肺炎球菌も細菌の名称で、多くの子供の鼻やのどにいる身近な細菌です。子供の体力や抵抗力が落ちたときなどに、細菌性髄膜炎・菌血症・肺炎・中耳炎・副鼻腔炎などのいろいろな病気(感染症)を引き起こすことのある細菌です。特に乳幼児が細菌性髄膜炎にかかると発熱・頭痛・嘔吐・不機嫌・けいれんなどの症状がみられ、重篤な場合は死亡することや、後遺障害がみられることがあります。
 
(予防接種ガイドライン2012年より参照)

 
 
 
 

 
ワクチンの概要
対象者は2歳以上で脾臓摘出の手術をされた方、基礎疾患(糖尿病、呼吸器疾患、慢性心不全、肝臓病など)を有する方、65歳以上の高齢者などです。ワクチン接種により肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。インフルエンザワクチンとあわせて接種するとより効果的に肺炎を予防できます。
 

病気の概要

肺炎は日本人の死因の第4位です。なかでも肺炎球菌による肺炎は成人肺炎の25~40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。
 
(予防接種ガイドライン2012年より参照)

 
 
 

 
対象の方
1歳以上の未罹患者
 
ワクチンの概要
健康な小児の方には副反応はほとんどみられませんが、ときに発熱、発疹がみられ、まれに注射部の発赤、腫脹、硬結がみられます。ワクチン接種しても約20%がその後感染を受けると発病することがありますが、軽症で済むことが多く、水痘患者と接触したとき3日以内にワクチンを接種すれば発症を予防できるとされています。
 
 

病気の概要

水痘・帯状疱疹ウイルスによる急性感染症で、主に空気感染します。10~20日の潜伏期間があり、発疹と軽度の発熱をともなって発症します。免疫不全状態にある方は重症化することがあります。妊娠初期では胎児に先天性水痘症候群のおそれがあります。脳炎や膿か疹を合併し重症になることがあります。
 
(予防接種ガイドライン2012年より参照)

 
 
 


内視鏡検査| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
動脈硬化検査| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
インフルエンザ検査 | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
体組成計| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
皮フいぼ | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
男性型脱毛症 | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ