このような症状の方へ

Symptoms

お腹の痛み 

お腹の痛みが長く続く場合や、加えて吐き気、下痢、便の異常、食欲低下、体重減少など症状もある場合は大きな病気が隠れていることがあります。早めに診察や必要な検査を受けるようにしましょう。

お腹の痛みは、大きく分けて①みぞおち~おへそあたりまでの上腹部痛、②それより下の下腹部痛に分かれます。
①上腹部痛に関連する臓器としては、食道・胃・十二指腸、肝臓、胆のう、胆管、すい臓、心臓・血管系、などの臓器です。
随伴する症状として、胸やけ、逆流感は、逆流性食道炎で認められることがあります。
また、吐き気、下血(黒い便が続くこと)、吐血(血液を吐くこと)は胃十二指腸潰瘍で認められることがあり、嘔気、嘔吐、下痢は胃腸炎の際に認めることがあります。
肝臓、胆のう、すい臓の病気ではお腹の痛みとともに黄疸(皮ふや眼の結膜が黄色っぽくなること)を認めることがあります。
心臓の病気(狭心症、心筋梗塞など)や血管の病気(解離性動脈瘤など)でもお腹の痛みとして自覚することがあります。
特に注意したいのは、痛みによりお腹全体が硬くなるような、筋性防御という状態と、腹膜炎などで認められる腹膜刺激症状です。これらの症状では直ちに専門診療が必要です。
②下腹部痛に関連する臓器としては、腸(小腸、大腸)、腎臓、膀胱、尿管、血管系、婦人科系などの臓器です。
随伴症状として、発熱・下痢・吐き気などが起きてしまう感染性胃腸炎、発熱・下痢などを伴う炎症性腸炎、ストレスなどで下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群、血便(便に血が混ざる)の合併する虚血性腸炎、右下腹部痛を起こす急性虫垂炎などさまざまな疾患が存在します。
また、尿管に結石が詰まってしまう尿路結石という病気でも時にお腹の痛みで出現することがあるので注意が必要です。
 


 

発熱

発熱は普段私たちが経験する症状のなかで、もっとも頻度が高いものかもしれません。

多くの場合感染症といって体の中にウイルスや細菌が侵入し発熱を起こしますが、時にがんなどの悪性腫瘍、膠原病、などのことがあり微熱が長く続くような場合は注意が必要です。
発熱に随伴する症状として、かぜ症候群ではのどの痛み・鼻水・鼻閉などを認め、頭痛・関節痛などはインフルエンザのときに多く認めることがあります。
激しい咳や痰が多いときは、気管支肺炎を起こしている疑いがあります。また最近ではマイコプラズマ肺炎や肺結核にも注意が必要です。
のどに強い痛みを合併する場合は急性扁桃腺炎のことがあり注意が必要です。
血尿や排尿時の痛み、違和感がある場合、腎盂腎炎など腎臓や尿路系の病気にも注意が必要です。
高い熱とともに激しい頭痛、悪寒、首のいたみ、意識障害が見られる場合は髄膜炎という疾患のことがあり、この病気では入院治療が必要なことがあります。
発熱が続く場合やいつもと比べて様子がおかしいときなどはなるべく早めに診察を受けましょう。
  


  

コレステロールが高めの方

健康診断
などでコレステロールが高めと言われていませんか?
コレステロールが高い状態が続くと、動脈硬化がおこり、重大な病気を引き起こす可能性が高くなります。コレステロールが高くても、自覚症状はありませんが、血管の壁にコレステロールなどがたまり「プラーク」と呼ばれるこぶができます。それが破裂することで血管がふさがってしまうことがあります。心臓の血管でおきると、狭心症や心筋梗塞、脳で起ると脳梗塞となります。
そうならないために高コレステロール血症(脂質異常症)は早めに診察を受け、しっかり治療を受けましょう。
 


 

血圧が高めの方

健康診断
などで血圧が高めと言われていませんか?
高血圧はさまざまな要因で引き起こされます。
肥満・塩分・アルコールの過剰・運動不足・寒さ・喫煙・ストレス等の環境要因、両親や兄弟に高血圧が見られる場合は自分も高血圧になる可能性が高くなる遺伝要因、加齢・妊娠・更年期等の生理的要因などが知られています。
高い血圧をそのままにしておくと、血管や心臓に負担がかかり、脳・心臓・腎臓といった重要な臓器の病気を引き起こします。
高血圧の診断となった場合、通常は生活習慣の改善のための食事・運動療法から始められますが、高血圧の原因・程度によっては薬を用いて速やかに治療を開始することもあります。早めに診察を受け、正しく血圧を管理しましょう。
 


 

プラセンタ療法

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射、内服などにより治療に用いる療法の総称を「プラセンタ療法」といいます。
新陳代謝を促進し、美肌効果・アンチエイジング・自律神経やホルモンバランス調整・免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理作用をもっています。
当院ではプラセンタ療法(皮下注射または筋肉注射)を希望する方へ適切な用法、用量を検討しております。お気軽にご相談下さい。
 

 

お肌のしみ治療

お肌のしみでお困りではありませんか?しみに対する治療として医療用ハイドロキノンとビタミンC含有外用薬の処方を行っています。(健康保険は適用されません)
しみのもとになるメラニンはメラノサイトという細胞で作られています。このメラノサイトの活動を弱めるのがハイドロキノンです。
お肌のしみでお悩みの方はお気軽にご相談ください。
 
 

 

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎は、アレルギーによってくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状が起こる病気です。

主に植物の花粉が原因で決まった時期に症状がみられる「季節性アレルギー性鼻炎」を「花粉症」と呼びます。また主にハウスダストが原因で1年中症状がみられるものを「通年性アレルギー性鼻炎」と呼びます。
これらの原因となる「アレルゲン」を吸い込むと、鼻の粘膜にある肥満細胞から、「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」などの物質が産生され、神経や血管が刺激されアレルギー症状が起きます。
 
  >>詳しくはアレルギー性鼻炎(花粉症)ページへ
 


  

禁煙治療 

2013年11月1日より禁煙治療外来を開始しました。

一定の要件をみたすと、健康保険を使った禁煙治療が受けられるようになりました。
禁煙治療は、ニコチンを含まない飲み薬でおこないます。自己負担額は(自己負担3割の場合)12週間服薬を続け、19,000円程度です。
1日1箱喫煙する方なら、12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。
 
*初回の診療はややお時間かかりますので、なるべく午後の来院をお願いします。
 
 

詳しくは「すぐ禁煙.jp」をご覧下さい。
  

 

生活習慣病 

生活習慣病を知り、しっかりと管理しましょう。
生活習慣病とは、『食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症に関与する症候群』のことを指しており、例えば以下のような疾患が含まれています。

食習慣;糖尿病、肥満、コレステロールの異常、尿酸値の上昇、循環器病、大腸がん
運動習慣;糖尿病、肥満、コレステロールの異常、高血圧症
喫煙;肺がん、循環器病、慢性気管支炎、肺気腫
飲酒;脂肪肝、アルコール性肝疾患

これら、生活習慣病は、自らの健康状態を把握し、生活習慣を改善することで、病気の発症や重症化を予防することができます。
当院では、日常の診察、特定健診の結果、職場健診の結果などを利用し、生活習慣病への対策に積極的に取り組み、皆様の健康寿命を伸ばせるよう心がけております。
 


内視鏡検査| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
動脈硬化検査| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
インフルエンザ検査 | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
体組成計| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
皮フいぼ | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
男性型脱毛症 | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ