大腸内視鏡検査

Colonoscopy

直腸から盲腸までの大腸全体の粘膜を詳細に調べる検査です。

大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡を挿入して、直腸から盲腸までの大腸全体の粘膜を詳細に調べる検査です。大腸がんを早期に発見し、ポリープや炎症の診断に非常に有用な検査です。現在我が国では大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎といった腸の病気が増加しており、中でも大腸がんで亡くなる方は増加傾向にあります。

 

 
特に下記のような方は、大腸内視鏡検査をお勧めします。

・健康診断で、便潜血検査が陽性だった方
・以前大腸にポリープがあった方
・家族が大腸がんになった方
・便に血が混ざる、お腹が張る、
・便秘や下痢、といった症状がある方

 

検査の流れ

前日の食事は専用の検査食を食べます。夜に検査用の下剤を飲み、ある程度排便をしておきます。
検査当日は、自宅で検査用の洗腸用下剤を2リットル飲み、排便をして腸をきれいにします。
検査は午後2時ごろから開始します。この時、腸の動きを穏やかにする注射や、ご希望により鎮静剤(リラックスできる薬)を使用しながら内視鏡検査を開始します。
担当医師が安全に処置できると判断したポリープは、その場で切除(ポリペクトミー)を行います。
 

検査の予約方法

事前に当院を受診して予約をしてください。検査の準備(検査食、下剤等)や注意事項がありますので、少なくとも1週間前までには受診してください。その際、現在飲んでいるお薬が全てわかるよう、お薬手帳や一覧表を持参ください。


内視鏡検査| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
動脈硬化検査| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
インフルエンザ検査 | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
体組成計| 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
皮フいぼ | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ
男性型脱毛症 | 上町・豪徳寺の内科なら村田医院へ